403fe4f00537015ae316930dce0d53b3
<天秤座のベラ・ハディットが自分に自信ないかはわかりませんが…>

天秤座ファッションについて書こうと思っていましたが、やはり間に合いませんでした^_^;
内容は頭のなかにあるのでいずれ必ず書くとお約束して、私の感じている天秤座さんのことをプロローグ的にちょこっと書いておくことにします。

愛と美の天体である金星をルーラーに持つだけあって、天秤座は美人が多いと言われています。そして「天秤」という名を持つだけあり、その美しさは黄金比率的なバランスの良さ、優美さが際立ち、きれいなんだけど尖った感じはありません。尖っていたとしても、エレガントさが勝ちます。

更に天秤座そのものは男性宮なため、女性の場合は頼りなげで(男が)守ってあげたいという感じではなく、スッとしていて知的で上品な印象の美人が多くなります。同性が見ても素直にきれいだなぁと憧れてしまう美しさがあるのです。セクシーな恰好をしていても、美しく、いやらしくないのです。

ファッションもTPO&流行&自分のスタイルを全て考え、スタイリングする絶妙なセンス=バランス感があります。TPOというのは天秤座にとって重要でしょう。「場にそぐわない」独自の存在になるよりも(火の星座ならそうなっても別にいいって感じかもですが)、「その場で最高にお洒落」な自分でいたほうが天秤座は心地良いと思います。美のトレンドを生み出すセンスが天秤座にはあります。

特に天秤座は社交や広範な人間関係にかかわるサインなので、会う相手が目上の人の場合はかなり時間をかけて服装を考えるはずです。

また天秤座は活動宮でもありますので、なんだかんだ言って社交的で活動的な人が多いです。風のサインですから流行も含め色々な情報に関心があり、バランスの星座なので色々な人・色々な場をくるくると動きまわりながら、会話も上手で友人も多く、ファッションもそつなくお洒落で頭の回転も速く、求められるものに的確に応えることができるのです。

天秤座の次のサインである蠍座生まれの私などは、天秤座は長年謎のサインでした。彼らに対して「何か裏があるのでは!? 人間、もっとドロドロしているもんだろう」と思っていたのです。

しかしそれは蠍座がそうだというだけで(笑)、天秤座は本当にいい人が多いのです。決して裏もなく、本人たちは嬉しいこともイヤなことも、結構素直に表に出している、出しすぎかもと感じているはずです。

じゃあ、天秤座にはどんなウィークポイントがあるかといいますと、こんな非の打ちどころのなさそうな天秤座は、実は恐ろしいほど自分に自信がなく、自己評価が低いのです。自分のことを美人だとも、社交的だとも、うまくやれているとも思っていないでしょう。社交的だけど本当に心を許せる友人は少ないはずです。

風サインなので、「自分のことが好きか、ですか!? うーんそうですね好きかも知れないし嫌いかもしれませんが…」みたいな話し方をしそうな天秤座ですが、彼らもまた、他の11サインと同じように、心折れるようなプロセスを何度も体験しながら自分を好きになろうと努力しているサインに変わりありません。

心折れる体験は他のサインより多いくらいかも知れません。なぜならバランスを目指すことも、人間関係を意識することも、どちらも難しく、自我は傷つきやすくなるからです。社交的に生きるには図太さが必要な気がしますが、天秤座はそうなるには繊細すぎる気もします。

天秤座には心のよりどころになるような愛が必要で、しかしここでも傷つくことが多いようにも思え、それでも完全に引きこもって心を閉ざして生きることはできない(しないほうがいい)サインなので、だんだん天秤座のことがわかってくるにつれ、彼ら天秤座に頑張れよきっと幸せになれるからと、エールを送っている私なのです。



An Autumn/Winter 2017 biker jacket with exploding red shearling. #McQueenAW17 #AlexanderMcQueen

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿 -

The gannet, puffin and heron are some of the birds from the Shetland Islands that feature on this evening dress. #McQueenSS17 #AlexanderMcQueen

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿 -

A floral bouquet organza dress with an embroidered tulle overlay worn with a jewelled and engraved belt. #McQueenSS17 #AlexanderMcQueen

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿 -

913Fc1v5CeL
乙女座ファッション=白とネイビーが基本カラーと前回の記事で書きましたが、ネイビーが似合わない乙女座(月、太陽、金星、ASC)さんもいると思います。所謂イエローベースと呼ばれるカラータイプの人ですね。

そういう人は、ネイビーよりはベージュ、白も真っ白ではなく少しクリームがかったような白が似合うんじゃないかな~と思うのですが、そういう人向けの乙女座ファッションがたくさん載ってるなー!と感動したのがヴィカという雑誌の10月号です。今書店で買える一番新しい号ですね。

私はこの雑誌、今回はじめて知って過去の号をチェックしてきた訳ではないので、今号が特に乙女座っぽかったのかなと思いますが、「クラシック」で「レディな装い」を白とベージュを基調にコーディネートしていて、とても素敵です。

年代的には20代後半~30代前半くらいがターゲットの雑誌かなとも思いますが、もともとクラシックでレディな装いというのは大人の印、普遍的なところがありますし、リアル大人はあまり大人っぽさを意識しても単にババくさくなるため(☆゚∀゚)、このくらいフレッシュなコーディネートでもいい、靴やバッグなど小物をちょっと大人っぽいものに変えるだけで、もっと上の世代でも対応可能と感じるコーディネートばかりでした。

同系列の雑誌としてファッジやクルーエルがあるみたいですが、トムボーイとかトラッド、プレッピー要素が入ると双子座色のほうが強くなると私は思っていて、乙女座はあくまでレディに、が気分ですね。

次は天秤座をやろうかなと思っています。


1278773ae9be4be72ecaa543ddc3d9cf
「ジェーン・エア」という物語をご存知ですか!? シャーロット・ブロンテによって1847年に書かれた長編小説で、孤児ジェーンが家庭教師として雇われたロチェスター家の主人と結ばれるまでのドラマを描いた物語は、過去何度も映画化されてきました。

近年では2011年に、ミア・ワシコウスカとマイケル・ファスベンダー主演で映画化され、私が観たのはこれと1996年のシャルロット・ゲンズブールとウィリアム・ハートによる映画版ですが、どちらも映画のなかで見ることができるジェーンの服装は、とても乙女座的だなぁと思いました。紺やグレーの地味な服装に白い襟、髪はきちんと結いあげて禁欲的といってもいい服装なのですが、今見ると女性らしさもあり、とても清楚で素敵です。
resize-img
39-charlotte-gainsbourg
最も乙女座らしい色の組み合わせは、白とネイビーでしょう。清潔、真面目、乙女座は学生服のようなファッションや、修道女や召使、看護師など…何かに真面目に仕える人達が、その奉仕に集中することの邪魔にならないような、控え目なファッションのイメージと結びつきます。特に月乙女座の人は、こういうジェイン・エアのような清楚な服装、ネイビーに白い襟みたいな服装はどこかホッとするのではないかと思います。

一見なんのドラマもない、禁欲的にも見える服装。でも乙女座は決して堅物なワントーンのサインではありません。乙女座ほどディテールにこだわり、ディテールを広げ突き詰め愛するサインもいないでしょう。そのこだわりは彼女のバッグの中にあるかも知れません。ハンカチ一枚、ペン一本、一度こだわり始めたらとことんお気に入りのものを探して探して、自分好みのものを詰め込んだり整然と並べていきます。

学生服は双子座にもふさわしい服装だと思うけど、双子座は着崩しなどわかりやすい形で個性を主張するであろうと思うのに対し(会話や友達づくりのきっかけになるから)、乙女座はいっそ見えない(気づかれにくい)箇所でこだわりまくる感じがあります。それは乙女座の防衛心からくるところもあるけれど、乙女座にとってはタイの結び方でわかりやすく主張するよりもっと細かいところでこだわるほうが、よりスリルがあり満足感があるのです。

私は乙女座の一度スイッチが入ったらこだわりが強い性質を「乙女の暴走」と呼んでいまして、この暴走癖(!?)は乙女座が結構なロマンチストであることも表していると思います。大島弓子さん(1947年8月31日生まれ)の漫画などはまさに「乙女の暴走」成分で成り立っていると思います。チビ猫の“エプロンドレス”は乙女座ファッションですね。
81HWAbLs2UL
ブランドで言うとヴァレンティノは乙女座的だと思います。毎回毎回乙女なシルエットのワンピースをたくさん出していて、殆ど同じようで実は細かいディテールが毎回かなり違う。時にドキッとするようなシースルーでも清楚なイメージがあります。たとえトライバル風のパターンなどを使っても、あくまで自分の世界のなかでやっている感じ。
valentino1
valentino-fall-ads-1
そして、そんな「乙女の暴走」を現実世界にまで引き寄せ伝説的存在となった乙女座がターシャ・テューダーです(1915年8月28日生まれ)。自分のこだわり、自分の大切な世界、自分の好きなもの、ひたすらひたすらこだわって大切にして突き詰めて、潔癖なまでに守り抜いて…彼女ほど自分の「私はこれが好き。これが大切。この世界を大事にしたい」に忠実だった女性もいないでしょう。服装もいつもロマンチックで素敵な服装をしていましたよね。

ファッションの分野で語る存在ではないかも知れませんが、マザー・テレサも乙女座で、彼女もまた、自分の信念を貫き通して世界を変えた乙女座と言えます。
ターシゃとメギー_thumb[2]
おそらくですが月サイン、太陽&金星サインが乙女座にある方は、こういう乙女座的な清楚で少しロマンチックな要素のある服装、大きな花柄ではなく小花柄、女学生風の服装がお好きであろうと思いますし、また、よく似合うでしょう。たとえデニムにスウェットでも、靴は清潔な白のコンバースでなくてはならない。そんな生真面目さが乙女座の魅力です。

乙女座は表に出るには恥ずかしがりやすぎるけれど、豊かな内面や確かなセンスや想像力を持っています。

人に見せびらかしたり自慢する気はさらさらないけど、何でもいい訳じゃない。寧ろ大事なこだわりがある。乙女座は完璧主義なのです。そのことを自分に許可することです。

乙女座よ、自分の「好き」に潔癖でいてください。そして暴走してください(笑)。それは乙女座らしいちょっと天然に近い、豊かな内面とチャーミングさの現れなのですから。



61089_ppl
korintaron
今、太陽は乙女座に入っています。それで乙女座ファッションについて書こうと思っているのですが、例によってなかなか更新が進みません。

このままでは乙女座期が終わってしまう~! と焦って、第一弾として、乙女座男子のファッションについて書くことにしました。このブログの読者は殆ど全員女性かな~とは思いますが、まあ、皆さんコリン・ファースは好きだよねって事で。

勿論、太陽または月星座が乙女座男性の参考になれば幸いです。また、自分の夫、息子、弟&兄、恋人の星座が乙女座で、パッとしなくて「どうすればいい」と考え中の女性も参考にしてください。

乙女座の最大の魅力。それは「清潔感」です。
ワイルドさはあまりありませんが、クリーンで清潔感があるのが魅力です。

プライベートのキアヌ・リーブス(1964年9月2日生まれ)が乙女座じゃなかったら、目も当てられない不潔男子として我々の目に映っているような気がします。

「男子たるもの、.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○.。o○.。o○.。o○」みたいな物言いが世のなかにはありますが、男性は長年狩りをしてきた習性があり、力があるとか、獲物をとってくる能力とか、そういうものを求められてきました。

乙女座の男性は、過去に自分の誕生星座を調べて「…乙女座…男の俺が乙女座…!?」と思ってやや微妙な気持ちになったことがあるのではないでしょうか。

しかし、現代の日本で男子に求められるものは(特に女性ウケを考えたら)「清潔感」。
「清潔感」を求めるというのは非常に文化的な感じがしますが、今や女性のなかには男性に求めるもののトップに清潔感を持ってくる人もいるほどです。

男性だって、女性のちょっとしたディテールに清潔感が感じられず、残念な気持ちになることがあると思いますが、女性も男性に清潔感があるか、結構見ているように思います。だらしなさが可愛いとか母性につながる男性は、確かにいますが、基本的には、あまりいません(笑)。

そんななか、大して努力も意識もしなくても「清潔感」が出てくる星座があるんですね。
それが乙女座です。
そんな「乙女座男子」を代表する俳優がコリン・ファース(1960年9月10日生まれ)です。

『プライドと偏見』のダーシーが世界一似合う男。
どうしようもないけど素直なたくましさにチャームがあるブリジット・ジョーンズを不器用に一途に愛し続ける男、ダーシー。これが世界一似合うのも彼(笑)。ちなみに、眼鏡もよく似合う俳優です。

10012657_h_pc_l
同じ乙女座のトム・フォード監督の『シングルマン』では、当然ながらトムのスーツとの相性が抜群でした(上の写真はキングスマンの英国スーツですが)。

トム・フォード=セクシーというイメージがあるけれど、セクシーさにトムならではのシャープさがあるので乙女座のぴりっと神経質な感じにも意外に合うんですね。

『シングルマン』では「その日」に向けて必要なものをデスクにキチッと並べていく主人公が…それを演出するトム・フォードとそれを受け入れるコリン・ファースが、実に乙女座らしいと感じました。大切なものにはとことんこだわる、つい細かくなっちゃう、というのは凄く乙女座的です(それ以外のものは結構大雑把だったりするんですが…)。

740full-a-single-man-screenshot
コリン・ファースは基本、「キッチリした服装をしたツンデレ」みたいな役をずーーーーっと演じている俳優ですが、デレの時は服もヨレヨレになっていることが多く、そのギャップが大変女性に人気のある俳優です(笑)

乙女座男子は、ドルチェ&ガッバーナとかは似合いません。狩りもしなくてよろしい。
一番にはなれないかも知れないけど、自分の魅力に気づけば常に高いランクをキープできるでしょう。

シャワーを浴び、清潔なシャツを着て(そもそも、清潔なシャツでなければ乙女座は着たがらないですが)、眼鏡をかければ良いのです(視力が悪いならね)。乙女座男子はサイズや細かいディテールにジャスト感と清潔感を求めるはず。それは女子から見ても好感度が高いのですよ。

そしてコリン・ファースが時々やるように、少しリラックスしたければタイをはずしてシャツのボタンを少し開ければよいです。くたびれきったらボタンを中途半端に開けてソファで寝そべっても、もともとが神経質でキッチリ感のある乙女座男子なら、いっそチャーミングに見えるでしょう。

何かになろうとするのはよくないですよね。しかし時にはお手本も必要。乙女座男子はコリン・ファースの清潔感とチャーミングさを見習うといいんじゃないかなと思います。コリン・ファースが好きって女性は多いですからね。

次回は乙女座女性のファッションについて書きますよ~💓


↑このページのトップヘ